ムダブログ

男装への道

16-06-11-00-25-58-435_deco

おはこんばんちは。ムダ祭り会の賢者ことナオです。

 

唐突ですが、私はとても飽きっぽい性格なのです。

惹かれた物に対して全力でこだわり、飽きたらいとも簡単にすててしまう。

いわゆる「サイテー」と嫌われる類の人間です。

 

そんな私にまた飽きがきてしまった。

自分の性別である。

 

「女という性別に飽きました。 」

 

それはさて置き先日、私はとあるパーティーにスタッフとして参加する事が決まりました。主催者から「面白い格好をして来てくれ」 というオーダー。 しかも開催場所は新宿二丁目。

神が与えてくださったこの機会。逃すわけには行かぬ。

私は女装にためらいの無い新美さん(ムダ祭り会メンバー)と激安の殿堂ドンキへ。

 

KIMG1173

セーラー服と学ランを購入し、各自家へと持って帰りました。20過ぎの男女。

帰宅すると鏡の前に美青年。なんでも似合っちゃうな自分。

そんでもって20歳は大はしゃぎ。

 

パーティー当日の夕方。私は学ラン姿で電車内の乗客を混乱させておりました。

20160526_172752_493
前に立っている女子高生達は当然、美青年に興味津々。「男なら美しすぎる。女なら引く」。そんな事を考えている暇があるのならば英単語を一つ覚えて欲しいところです。勉強はしたほうが将来の為になる。

 

やはり新宿駅は人が多かったです。しかし見るからに変人は私一人。世の中ってこんなつまらない物だったのか。窓ガラスに映る自分に同情しました。

 

二丁目に到着、ガチな方を見かける度になんだか励まされました。そうか私はこれで良いのか。二丁目は私を暖かく迎えてくれました。

 

いよいよイベント会場にて新美さんと合流。似合っていたかはともかく、いわゆる性別交換という状況。画像 左が私。右が新美さん。

16-06-10-23-42-52-212_deco

結局パーティーで私と新美さんのコスプレは大受けし、性別交換にそれなりの価値がつきました。

人生経験豊富な大人達に可愛がられ、うはうは気分で性別交換したまま満員電車へ。

車内は疲れきった人々と酔っぱらいで埋め尽くされておりました。ご乗車の皆さん、私達を見てください。自然と自分に自信がつくでしょう??先ほどまでグダグダとドアに寄りかかっていたサラリーマンも私達から距離を置こうと背筋を伸ばしました。

 

無言のまま満員電車に揺られる男装した私と女装した新美さん。

 

さて降りようと、開くドアに近づいた瞬間。窓ガラスに映る制服の男女。

その時勝手に口が開いた。

「何やってんだか。」

少し間を開けて新美さん

「ほんとだよ!!」

ドアが開いた時、やっと「女の私」が男装した体に帰宅。

 

「おかえりなさい。」性別が元に戻ったところで男装に飽きました。

 

また性別に飽きた時の為に学ランはクリーニングに出しときます。

二丁目にいらっしゃる機会がございましたら、学ランの美青年とスネ毛がチラつくセーラー服に声をかけてやってください。

お待ちしております。

 

そして日常に飽きてしまった飽きっぽいあなた。ムダ祭り会にてお待ちしております。

 

ではまた記事にてお会いしましょう!ナオでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

*